荒深小五郎

芸能系

内田裕也の口癖だった「シェキナベイベー」とはどういう意味か?

ロック界の偉人内田裕也氏。 2019年に惜しくも亡くなられましたが、晩年まで何かと話題に事欠かない方でした。 この人の口癖として有名だったのが「ロケンロール(ロックンロール)!」と「シェキナベイベー!」です。 しかし、ロケンロール...
漫画・アニメ

サザエさんの先祖、磯野藻屑源素太皆をほめた殿様は誰か?

国民的アニメ、漫画である「サザエさん」。 戦後の復興期から令和の現代にまで時代は変わっていますが、アニメでは今も昭和の雰囲気を残し、根強い人気を誇っています。 さて、このサザエさんのご先祖としてたびたび登場する人物に「磯野藻屑源素太...
地理・歴史系

イザナギノミコトの隠居地は淡路説と近江説がある。

古事記、日本書紀に登場するイザナギノミコトとイザナミノミコト(以下、イザナギとイザナミと表記)。 日本の国土を作った存在されています。 仲が良かったふたりの神様ですが、火の神様を出産する際、イザナミがやけどで亡くなったのをきっかけに黄泉...
地理・歴史系

どうして狐は稲荷神社の使いなのか?油揚げが好物なのはなぜ?

京都にある伏見稲荷神社を総本山とし、全国には3万以上の社があるとされる稲荷神社。 どうしてこんなに信仰されているのでしょうか? また、稲荷神社の使いといえば、狐であることが有名ですが、なぜ、狐が使いなのでしょうか? 狐の好物が油揚げな...
芸能系

ギャグに関する雑学・エピソード 昭和編 ガチョーンは真空をつかむ

「ギャグ語辞典」という本を読みました。 主著者は高田文夫氏。 明治期から2020年までのギャグ、流行語などを収録し、その言葉にまつわる逸話が述べられています。 また、お笑いの歴史などにも触れられていて、大変興味深い本でした。 こ...
生活・自然科学系

カミナリがなったとき、へそを隠すのとクワバラクワバラという理由

幼い頃、カミナリが鳴ると、おへそを取られるから隠しなさいと言われたことはありませんか? また、カミナリが鳴ったとき、「クワバラクワバラ」という呪文を唱えたことはありませんか? このふたつの儀式(?)については、それぞれ理由があります。 ...
芸能系

「なんで、そーなるの!」芸能界の大将、萩本欽一氏に関する雑学

標記の本、「なんで、そーなるの!」を読みました。 2007年に発売された、欽ちゃんこと萩本欽一氏の自伝です。 この本を参考文献に、萩本欽一氏に関する雑学を紹介します(以下、文中敬称略)。 萩本欽一プロフィール 194...
漫画・アニメ

のび太のおばあちゃんは何歳なのか?推測してみました。

映画「STAND BY MEドラえもん2」も放映され、その優しさが涙を誘い、話題となっているのび太のおばあちゃん。 原作には何度か登場しています。 一番有名なのが「おばあちゃんのおもいで」という作品で、先述した映画原作のひとつにもなって...
芸能系

「全裸監督」村西とおる監督に関する雑学 前科7犯の内容は?

はじめに 日本で世界に通じる映像作家、監督といえば誰が思い浮かぶでしょうか? 黒澤明? 小津安二郎? 宮崎駿? もうひとり、大事な監督を忘れていませんか? そう、「AVの帝王」とも呼ばれる村西とおる監督です。 表題の本「全裸監督」...
漫画・アニメ

「母をたずねて三千里」に関する雑学 マルコの母はなぜアルゼンチンに行ったのか?

母をたずねれ三千里とは? 「母をたずねて三千里」は1976年に日本アニメーションが制作した作品です。 世界名作劇場の第二弾でもあります。 若き日の高畑勲氏や宮崎駿氏、富野由悠季氏らが制作に参加しています。 ストーリーを簡単に記せば、...
タイトルとURLをコピーしました