上方芸能に関するちょっとした小ネタ ジミー大西の最初の師匠は誰?

芸能系

上方漫才における横山姓は地名由来

横山エンタツを祖とし、横山ノック→横山やすし→横山たかし・ひろしなどへと受け継がれている上方漫才の大名跡「横山」姓。
これは、横山エンタツの出身地が兵庫県三田市横山町だったことが由来です。
横山エンタツ自身の本姓は石田です。
ちなみに横山ホットブラザーズの横山は本姓で、横山一門と師弟関係はありません。
横山ホットブラザーズは実の兄弟で、昔は父親もメンバーでした。
父親の東六さんは芸達者な人で、ハーモニカを弾きながら、皿回しをするなんて器用な芸をしていました。
テレビに出ているのは三人(アキラ、マコト、セツオ)ですが、実際はもう何人か兄弟がいます。
舞台上では「長男」「次男」「三男」と呼び合っていますが、それは便宜上で、実際、他にも兄弟がいるので正しくないとのことです。

ジミー大西は元々、ぼんちおさむの弟子

タレントに画家にとマルチに活躍するジミー大西は、現在、明石家さんまの弟子扱いになっています。
ですが、元々は漫才コンビ「ザ・ぼんち」のおさむの弟子です。
師匠が俳優活動などに力を入れだしたので、さんま預かりになりました。
さんまから運転手をしないかと誘われたそうです。
しかし、筆記試験に何度も落ち、免許を取るまで半年以上かかったとそうです。
ジミー大西はバカで売っていたので、一時期、母校からテレビで出身校を言わないでくれと頼まれていたという逸話があります。
実際、高校へはスポーツ推薦(野球)で入ったそうですが、監督の出す複雑なサインに頭がついていけなかったとか。
「出身校を言わないでくれ」という話を披露したとき、「そんなもん言うたれ!」と、さんまは激怒していました。
ちなみに大商大堺高校出身です。
また、すべり芸の達人、村上ショージも、さんまの弟子だと思われていますが、元々は漫談家、滝あきらの弟子です。
瀬戸内海の島出身ですが、そこは村上水軍が活躍した場所で、自身はその末裔だとか。
ちなみに兄弟子には、後にミステリーナイトという企画を成功させた九十九一がいます。
九十九一は当時「滝シード」という芸名だったとか。

プロ野球選手の形態模写を始めたのは誰か?

最近はあまり見かけませんが、プロ野球が国民的人気だった時代は、プロ野球選手のものまねが人気でした。
個性的な投げ方や打撃フォームの選手はこぞって真似をされました。
特にクロマティあたりは人気でした。
この形態模写を誰が最初に始めたかについては、諸説ありますが、明石家さんまが行った小林繁のものまねが最初だと言われています。
さんま自身も自分が最初だと自称しています。
さんまが有名になるきっかけとなるネタでもありました。
今ではサッカー好きで知られるさんまですが、元々は野球好きだったとか。
しかし、坊主頭になるのが嫌で野球からサッカーに乗り換えたとのことです。

中田カウス・ボタンの借金に関する逸話

中田カウス・ボタンの漫才といえば、近年、ボタンの愛人ネタが多くなっていますが、昔はボタンの借金ネタが定番でした。
借金を背負っていたのは事実らしいですが、完済した後もネタのために借金をするほど徹底していたとのこと。
しかし、実は借金問題で揉めたのはボタンだけでなく、カウスの方もそうで、借金問題が発覚し、一時芸能活動を自粛した時期があるとか。
また、吉本新喜劇の座員で、ポットに似ているので有名な帯谷孝史も、借金問題で無期限謹慎処分を受けた時期があります。
帯谷孝史はサングラスをかけるとやしきたかじんにも似ていたので、一度、たかじんの番組の企画で、街角で何人に間違えられるか実験されたことがあります。

岡村隆史と池乃めだかは誕生日が同じ

小柄な男性タレントといえば、関西ではナインティナインの岡村隆史と吉本新喜劇の池乃めだかが有名です。
奇しくもふたりの誕生日は7月3日で同じです。
ちなみに身長は、公式プロフィールによると、池乃めだかが149センチ、岡村隆史は156センチです。

はな寛太・いま寛大は「いとし・こいし」を継ぐはずだった?

「漫才の教科書」と呼ばれた名人「夢路いとし・喜味こいし」の弟子といえば、公式には桑原和男だけです。
しかし、「ちょっと待ってね」のギャグで知られる「はな寛太・いま寛大」のふたりは、一時期指導を受けていて、いとし・こいしを師匠と慕っていました。
夢路いとしが亡くなったあと、喜味こいしは「いとし・こいし」の名を一代限りで終わらせるつもりがなかったので、このふたりに二代目として襲名させようとしていました。
しかし、はな寛太が病気で亡くなったため、残念ながら立ち消えとなりました。

吉本新喜劇の重鎮、桑原和男はいとし・こいし唯一の弟子
新喜劇の重鎮、元は漫才師 吉本新喜劇の重鎮、桑原和男は、昔、原アチ郎・コチ郎というコンビ名で漫才をしていました。 本名は九原一三(くはら・かずみ)。 北九州小倉の出身で、親は漁師だったとか。 本人も漁が好きで幼い頃から親について漁に...

「アホの坂田」のレコードはヒットしている。

坂田利夫のテーマソングとして知られるキダ・タロー作曲の名曲「アホの坂田」。
「メキシカン・ハット・ダンス」のメロディのオマージュであることが探偵ナイトスクープにて解明された曲ですが、実はこの曲、当時5万枚以上を売り上げていて、さらなる売上も期待されていました。
しかし、坂田という名字を持つ子供がいじめられるという抗議が大阪府教育委員会を通じてあり、泣く泣く廃盤になったと言われています。
今は坂田利夫登場時のBGMとして使用されています。
ちなみにアホで売っている坂田利夫ですが、学業成績が良かったのは有名で、私生活でアホネタを振るのは厳禁とか。

横山たかし・ひろしのホラ吹き漫才の始まりは?

金ピカ衣装を着て、大金持ちのおぼっちゃまキャラで知られる横山たかし・ひろしのホラ吹き漫才。
藤圭子がデビューしたとき、こんな美人が愛人だったらいいなと思ったのが始まりです。
「すまんのー」「つらいのー」というギャグは、師匠横山やすしに殴られまくった経験から来ているとか。
独特のイントネーションは、故郷の愛媛弁だそうです。
ただ、ホラ吹き漫才の第一人者だけに、話を盛っている可能性はあります。
横山たかしは奥さんに逃げられたこともネタにしていましたが、後に大きな賞を取った際、奥さんがサプライズ出演をして、花束贈呈をしています。

小説「火花」にあるフレーズの元ネタ

又吉直樹のベストセラー小説「火花」。
芥川賞を受賞した名作ですが、その小説の中に主人公と先輩芸人との間に次のようなやりとりがあります。
「おまえ、今日何食べたい?」
「鍋、ですかね」
「鍋? 丈夫な歯してんな」
「なんでやねん!」
このやりとりの元ネタは夢路いとし・喜味こいしの漫才です。
オマージュだと思われます。
ちなみに中田カウス・ボタンが使う「グチャグチャで思い出したが、君の奥さん元気?」というフリも、いとしこいしのネタが元です。
ふたりはいとしこいしの漫才をよく研究していたとか。
そして、そのカウス・ボタンの漫才を舞台袖で研究し、ツッコミの練習をしたのが、ダウンタウンの浜田です。
三組が対談した番組で浜田が語っています。


※今後、随時更新予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました