「8時だョ!全員集合」に関する雑学あれこれ 三大事件とは?

芸能系

はじめに

今やレジェンド的存在となった「ザ・ドリフターズ」と、その出演番組「8時だョ!全員集合」(以下、全員集合と記載)。
以前、プロフィールに関する記事を書いていますが、今回はこの番組に関するエピソードを記事にしたいと思います(文中、敬称略)。

ドリフメンバーのプロフィールに関する雑学あれこれ
はじめに かつて日本中を楽しませてくれたお笑いグループ「ザ・ドリフターズ」。 数多くの逸話がありますが、まずはメンバーのプロフィールを中心とした雑学を記します。 メンバーの本名、逸話など メンバーの芸名は、とあるパーティーの席で...

8時だョ!全員集合について基本事項

TBS系列にて1969年10月4日から1985年9月28日まで、土曜の夜8時に放送されていた伝説の番組です。
全803回の放送でした。
ただし、中断した時期や総集編などの特番もありました。
ちなみに「全員集合」というタイトルは、ドリフメンバーの芸名を酔っ払った勢いで付けたハナ肇さんの口癖から来ているそうです。
生放送で行われる大仕掛けのコントや幕間のアイドルの歌、豪華ゲストとのコントや合唱コーナーなどが人気でした。
最高視聴率は50.5%で「お化け番組」とも呼ばれました。
30%に下がっただけでも落ち目と言われ、緊急会議が開かれたほどだったとか。

元はコント55号の番組に対抗して作られた

1969年当時はコント55号の人気絶頂期で、フジテレビ系列にて「コント55号の世界は笑う」が高視聴率を記録していました。
コント55号のスピード感あるコントに対抗するには、作り込まれたコントがいいと考えられ、クレージーキャッツの起用も検討されました。
しかし、当時のクレージーキャッツはソロ活動がメインになりつつあったので、同じ事務所(渡辺プロ)の後輩で、ライブ活動などで観客を笑わせるのに長けていたドリフが抜擢されたと言われています。
後に同じフジテレビ系列の「オレたちひょうきん族」に視聴率で抜かれますが、そのあとTBSは「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」にて返り討ちにしています。

最初はトークやクイズのコーナーもあった

番組開始直後は、コントだけでなく、トークコーナーやクイズコーナーがありました。
しかし、ドリフの面々はそれらを苦手としている節があったので打ち切り、コント中心に切り替えたということです。
加藤茶が最初の結婚をした際、披露宴の席で大橋巨泉が「司会をやらせてみたけど、本当に下手だった」とあいさつして笑いを取っています。
司会が苦手だったのは、事実だったかもしれません。
なお、最初の1ヶ月ほどはスケジュールの都合で録画放送だったということです。

志村けんは当初、見習いとして扱われていた

1974年に荒井注がドリフを脱退し、志村けんに交代したのは有名な話ですが、当初は見習いとして扱われていました。
オープニングでも色付きの半纏を与えられず、エンディングロールでも「見習い」と書かれていたとか。
しばらくは人気が出ず、低迷していましたが「東村山音頭」の替え歌で大ブレイク。
以降、快進撃が続きます。

全員集合三大事件

三人ドリフ

1981年、仲本工事と志村けんが競馬のノミ行為で事情聴取を受け、書類送検されたことが発覚。
一ヶ月間、謹慎することになりました。
この間、ふたり不在でコントをすることに。
実はいかりやも買っていたという噂も。

コント中の火事

1977年、コントで使ったピストルの火花が小道具の塗料に引火。
会場の非常ベルが鳴り、コントは中止となりました。
塗料が十分乾いていなかったのが原因だったとか。

突然の停電

1984年、放送開始直前に会場の電源不備で照明が消えました。
約10分間、音声は生きていたものの、会場は暗いままで、懐中電灯を使ってゲストを紹介するなど、いかりやが場をつなぎました。
復旧後、「8時9分半だョ!」の掛け声とともに番組は始まります。
最初のコントでも冒頭部のあいさつで「一番怖いのは停電だ」と、いかりやが話して笑いを取っています。

その他のトラブル

1970年、加藤茶が交通事故を起こし入院、一ヶ月の間謹慎することになります。
加藤の穴は仲本が見事に埋めました。
いかりやはこのときのことを引き合いに出し、著書の中で仲本に対し「やればできるのにしない、もったいない男」という主旨の一文を書いています。
1981年、ゲストの細川たかしが坂道を一気に駆け上がるコントでアキレス腱断裂の大怪我。
しばらく入院したため仕事が激減しました。
後にゲスト出演した番組「欽ちゃんのどこまでやるの!?」にて、この件で仕事がないことをネタにしました。
萩本欽一から「じゃあ、毎週おいでよ」と声をかけられ、以後、レギュラー出演することになります。
番組内で歌っていた「北酒場」が大ヒットして、紅白歌合戦にも出場と、数奇な運命をたどることになります。
1984年、高木ブーがリハーサル中にアキレス腱断裂。
4ヶ月ほど活動休止となり、一時は音声だけで出演したとか。
その他、生放送だけに、タイムスケジュールが狂うなどのトラブルは多々あったということです。

抗議が殺到したギロチン人形事件

コントの中で、志村けんそっくりの人形の首をギロチンで切るという内容を行ったところ、内容が残酷すぎると抗議が殺到。
ニュースに取り上げられるほどだったとか。
このネタについては、フランスで死刑制度が廃止されたというニュースを聞き、いかりやが死刑制度廃止に対し、一石を投じたかったという裏話が伝わっています。
ギロチンといえば、フランスで開発されたものですからね。
しかし、全員集合自体は下ネタを連発したり、食べ物を投げたり、相手を叩くなどというような内容から、「PTAが子供に見せたくない番組」で1位に選ばれていました。
影響力がありすぎたゆえの抗議は、元々多かったということです。

エンディングの加藤茶のセリフについて

エンディングテーマが流れる中、加藤茶が「お風呂入れよ」「歯を磨けよ」などと語りかけるシーンは有名です。
子供たちに呼びかけている面ももちろんありますが、スポンサーが「ライオン」だったことに対する大人の事情という面もあります。

最終回は高視聴率だった

番組後期は、ひょうきん族に視聴率競争で敗れるなど苦戦しましたが、1985年の最終回の視聴率は34%の高視聴率を記録し、有終の美を飾っています。

<参考文献>


※参考文献以外にも、ネット上の多数のサイトから情報を参照し作成しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました