金八先生の名シーンにアドリブあり

芸能系
スポンサーリンク

第2シリーズのアドリブ

学園ドラマの金字塔「3年B組金八先生」。
特に評価の高い第2シリーズの後半、直江喜一演じる加藤優と沖田浩之演じる松浦悟が、不良生徒たちと共に荒谷二中に乗り込むエピソードがあります(加藤優は元々荒谷二中の番長で、行いが悪かったため、桜中学に転校させられていました。桜中学で立ち直った加藤でしたが、元の仲間たちが教師たちにより、卒業式から排除される動きがあって助けを求めに来たため、やむなく乗り込みました)。
校長らを放送室に監禁し、全校生徒が放送を聞いている中、加藤らは最後は校長たちを謝らせます。
生徒たちから「加藤コール」が行われる中、立ち入った警察官たちが乗り込んで来て、加藤らは捕まります。
中島みゆきの「世情」をBGMにスローモーションで画像が流れ、加藤らが警察に捕まって、護送されていくシーンはテレビドラマ史上屈指の名シーンです。
後に多くのパロディを生むなど、あまりにも有名ですね。

スポンサーリンク

その後、金八と桜中学校長、荒谷二中の教師、保護者代表と警察らで話し合いが行われます。
激しい意見の応酬が長回しで撮影されていて、こちらも当時の俳優たちの力量の凄さを感じさせる名場面です。
最終的に金八や保護者代表らの尽力によって、加藤、松浦らは釈放されますが、その際、金八が加藤と松浦を殴るのは、武田鉄矢のアドリブです。
加藤優のモノマネで有名な松村邦洋は「アドリブでふたりがひどく驚いている」とネタにしています。
しかし、一番驚いているのは、ふたりの後ろにいて、唖然と大口を開ける別の生徒です。

加藤優は桜中学に転校してきた初日、松浦悟に脚を引っ掛けられて転ばされます。
立ち上がった直後、松浦を殴り、椅子やら机やらを放り投げて暴れ、クラスメイトたちを唖然とさせます。
このとき、脚本には具体的にどう暴れるかは書かれていなかったらしく、加藤優を演じた直江喜一がどう動くか共演者たちは知らされていませんでした。
なので、出演者たちも本当に怖かったということです。

スポンサーリンク

第5シリーズのアドリブ

なお、第5シリーズで金八が悪事を行った生徒を涙ながらに殴り、辞表を出しに行こうとするシーンがあります。
その際、桜田友子という生徒が前に出て金八にビンタをし、「これでおあいこ。先生、辞めちゃダメ!」という主旨のセリフを叫びます。
このビンタも、最終回スペシャル特番で武田鉄矢が語ったところによると、桜田友子を演じた小高早紀のアドリブです。
武田鉄矢は体罰を振るうシーンを演じるのが嫌だったそうで、「やっと終わったと思ったのに、余計な動きをしやがって……」と当初は感じたらしいですが、オンエアされた内容を見て、いいシーンだなと思ったとか。

過去にもう数人殴っている?

金八が生徒を殴った際、「過去に殴った生徒は三人、自殺しようとした生徒と腐ったみかんの加藤優と松浦悟だけ」という主旨の発言をします。
しかし、実際、金八はもう少し多くの生徒を殴っていることが、最終回スペシャル特番の際に検証され、証明されています。
そもそも、自殺しようとした生徒を殴ったのは第1シリースの第一話です。
一話目から愛のムチをふるっていたのですね。

その他、金八先生に関する小ネタはこちらにもあります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました