日本最大級の怨霊、崇徳天皇(上皇)の不幸な生涯

地理・歴史系

崇徳天皇は系図上は鳥羽天皇の子ですが、実は鳥羽天皇の祖父である白河法皇が鳥羽天皇の妻(待賢門院璋子)に手を出して生まれたという説があります。
鳥羽天皇の妻は元々、白河法皇の養女でもありました(白河法皇が鳥羽天皇方に送ったスパイだという説もあります)。
事実であれば、子でもあり、叔父にもなる不思議な存在となります。
実際、鳥羽天皇からは「叔父子」と呼ばれていたとか。

そんな子をさすがに鳥羽天皇は愛せるはずもなく、崩御した際には、遺体を崇徳天皇に見せるなとまで遺言しました。
鳥羽天皇崩御の後、後継者争いなどで反乱(保元の乱)を起こす形になりますが、結果的に敗れ、讃岐に流されます。

スポンサーリンク

配流先で崇徳上皇は仏教に深く傾倒し、写経などをしていました(一説には血で書いたとも)。
しかし、経典を京の寺に納めたいなどと申し出ましたが、朝廷側は呪詛が込められているのではないかと、これを拒否。
怒った崇徳上皇は以後、髪も爪も伸ばし放題となり、「日本国の大魔縁となり、民を王とし、王を民とする」などと宣言し、朝廷を呪詛し続けたとか。
死についても、暗殺説があります。

その後、崇徳上皇の政敵が次々と死亡したり、政治が乱れたりしたことから、祟りではないかと噂され、「讃岐院」と呼ばれていたものを「崇徳院」に改めるなど、名誉回復に努めました(「徳」の字が付く天皇は無念な生涯を送っていることが多いです→別記事
しかし、この後、武士による時代が続き、朝廷がないがしろにされたことから、それも崇徳上皇の祟りだと考えられたらしく、明治天皇は大政奉還の後、即位を前に讃岐に勅使を送り、謝罪したというエピソードがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました