信長に仕えた黒人奴隷ヤスケは本名ヤスフェ?

地理・歴史系
スポンサーリンク

彌助と呼ばれた黒人奴隷

織田信長の下でヤスケという名の巨漢の黒人奴隷が働いていたという話は有名です。
ポルトガル人の宣教師が連れてきたとされています。
あまりに肌が黒いので、墨でも塗っているのではないかと、信長が身体を洗わせたというエピソードも伝わっています。
安土の町では彼が歩いていると、民衆が珍しがって、騒ぎになったとのことです。

本名はヤスフェ?

このヤスケ、現在でもモザンビーク地域でヤスフェという人物名が見られることから、本名はヤスフェだったのではないかという説があります。
ちなみに当時のモザンビークはポルトガル領です。

スポンサーリンク

本能寺の変のあと

本能寺の変の際、ヤスケは明智軍に捕縛されたと言われています。
しかし、「何も事情がわかっていないだろう」と、光秀に釈放され、南蛮寺に送られたと伝わっています。
その後のヤスケの行方ははっきりとしませんが、九州に行き、キリシタン大名に仕えたという説があります。
キリシタン大名、有馬氏の軍に大砲を操作する黒人がいたという記録があり、これがヤスケではないかと言われています。

なお、秀吉は宣教師を追放しましたが、これは彼らが奴隷取引に関わっていて、日本人も奴隷にしようとしていたからだと言われています。

タイトルとURLをコピーしました