カバオくんのお父ちゃんの入れ歯は見つかったのか?

漫画・アニメ

藤子・F・不二雄先生の名作漫画「パーマン」。
冴えない小学生が「スーパーマン(アニメではバードマン)」から変身セットをもらい、正義のヒーローとなる物語です。
アニメ版パーマンに「カバオくん、お父ちゃんの入れ歯めっかった?」と、カバオの子分サブがいう名セリフ(?)があります。
結局、カバオくんのお父ちゃんの入れ歯は何度か見つかりますが、そのたびにまたなくなり、最後は新調しましたが、結局また失くすというオチで話が終わっています。

ちなみにアニメ版だけのセリフで原作にはありません。
2作目のアニメ化で、サブの声優を務めた千葉繁のアドリブだったという説が有力です。

藤子不二雄作品に関する雑学はこちらの記事も読んでください。

藤子不二雄先生の作品に関する細かい雑学 パーマンには5号がいる?
パーマンには5号がいる。 藤子・F・不二雄先生の名作マンガ「パーマン」。 あまり知られていませんが、実は原作には「パー坊」という5号がいます。 赤ん坊です。 1号が偶然マスクを外したとき、顔を見られてしまったことがきっかけでパーマン...
タイトルとURLをコピーしました