キャプテン翼に関する雑学あれこれ 翼が負けた試合は2試合?

漫画・アニメ

はじめに

Jリーグを作った偉大なる漫画「キャプテン翼」。
今や世界的な漫画となりましたが、ツッコミどころ満載なのもこの漫画の魅力です。
いくつか雑学を書かせていただきます。

異常に多い交通事故

この漫画には異常なまで交通事故のエピソードが多いです。
そもそも第一話からして、主人公の大空翼が幼い頃、トラックにはねられたものの、ボールがクッションがわりになり無傷、というエピソードから始まっています。
翼の相棒、岬太郎は妹を助けようとして左脚を大ケガし、ワールドユース大会のほとんどを棒に振ることになります。
翼のライバル、日向小次郎は、幼い頃トラック運転手だった父を事故で亡くしており、小学生ながらも家計を助けるためアルバイトをする日々でした。
ふらののエース、松山光の彼女は、ワールドユース大会の最中、交通事故で重傷を負い、一時、生死の境をさまよいました。
ドイツのストライカー、シュナイダーは妹が車にはねられそうになりましたが、イタリアのGKヘルナンデスに助けられています。
オランダのエース、クライフォートは、サッカー選手として将来有望だった兄をオランダ史上最悪という高速道路での多重衝突交事故で亡くしています。
スウェーデンのMF、破壊神レヴィンは恋人を交通事故で亡くし、以後、相手を傷つけるような選手になりました。
空手GK若島津は子犬を助けようとして、トラックにぶつかり大ケガをしています。
ライジングサン編では、子供が車に轢かれそうになったところを、スペインの選手ミカエルがボールを蹴ることで惨事を防ぎました。
作者は交通事故に対して何かトラウマがあるのでしょうか……?

石崎は若島津から点を取ったことがある?

作品中、日本国内では鉄壁を誇る若島津健というゴールキーパーがいます。
それに対し、石崎了という代表に選ばれてはいるものの、どちらかいうと雑魚扱いで、ギャグ要員のキャラクターがいます。
この石崎が若島津から点を取ったことがあります。
ただし、それは自殺点でした。
短期連載された日本代表対世界選抜の対戦で、石崎得意の自殺点が見事に決まりました。
この漫画では、「石崎といえば自殺点」というのが、ひとつの様式美となっています。

翼が負けた試合は2試合?

サッカーに関しては、超人的な能力を誇る主人公、大空翼。
彼は出場する試合のほとんどで勝利を挙げています。
はっきりと描かれている負けは、小学生時代の全国大会予選リーグで、ライバルの日向小次郎に負けた試合のみです。
しかし、W杯を記念して特別に描かれた読み切りで、日本代表がフランス代表に大敗するエピソードがあって、そこに茫然と立ち尽くす翼の姿が描かれています。
ただし、1コマで片付けられているので、翼が出場していたのか、ベンチ入りしていただけだったのかは不明です。
実質的には1試合だけということになりますかね。
引き分けは何試合かあります。

ポーランドのマッハーくんのモデルは誰?

キャプテン翼は何度かゲーム化されています。
特にテクモ社(当時)が作っていた時代の作品は、アクション一辺倒だったサッカーゲームにコマンド選択方式を取り入れ、革命を起こしたゲームとして高い評価を受けています。
その中でも二作目はストーリーも含めて、最高傑作と言われており、作者が描いたワールドユース編より、こちらのストーリーの方が面白いので、こちらこそキャプテン翼の正史だと主張する人もいます。
この2作目で、作品中、ポーランドにマッハー君という高速ドリブルを行う選手が登場して、あまりの速さにプレイヤーは度肝を抜かれます。
ゲームのオリジナルキャラですが、モデルはポーランドのラトーという選手で、ワールドカップ西ドイツ大会で得点王に輝いた名選手です。
快速の右ウインガーで、後に政治家としても活躍しているとか。

ちなみにローマの鷹ランピオンという選手も登場しますが、モデルは元日本代表監督ファルカンです。
また、最強の敵として、マッハー君と同じような高速ドリブルをするコインブラという選手が決勝戦に登場しますが、この人物のモデルはジーコです。
アルトゥール・アントゥネス・コインブラという名前はジーコの本名と同じです。
ジーコというのは「やせっぽっち」という意味だそうです。

若林源三のSGGK伝説は何度破られているか?

第一話から登場する鉄壁のGK若林源三。
SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)と呼ばれる存在です。
この若林は「ペナルティエリアの外からなら、どんなシュートも止める」と豪語していて、事実、凄まじいシュートたちを防いで来ているのですが、実際は何回かゴールを奪われています。
まず、最初に奪ったのはドイツ代表のエースストライカー、カール・ハインツ・シュナイダーです。
ファイヤーショットという凄まじいシュートを放つ選手なのですが、若林とはハンブルグ時代、チームメイトであり、ライバルでもある存在でした。
このシュナイダーがジュニアユース世界大会の前に、若林とPK対決をして、ペナルティエリアの外からファイヤーショットを放ったところ、若林は反応するものの取れませんでした。
普段からふたりはこういう対決をしていたような描写がありました。
公式戦ではありませんが、まずはこれが1回目。
続いて、ワールドユース大会のアジア予選にて、中国代表の肖俊光(しょうしゅんこう)選手にペナルティエリアの外からゴールを奪われています。
この選手は相手のシュートをタイミングよく打ち返すカウンターシュート(反動蹴速迅砲)を得意としていて、相手シュートの威力を利用することで、シュートの威力が倍以上になるそうです。
このシュートを若林は取れませんでした。
ただし、このとき、若林は腕を怪我していてパンチングしかできない状態で、そのシュートを取りに行けば、確実に腕は破壊されただろうと肖選手から言われていました。
なので、取りに行かなかったのか、動けなかったのかははっきりとしていません。
若林自身は悔し涙を流し、翼も「若林くんがペナルティエリア外からゴールを奪われるのを初めて見た」というほどでした。
これが2回目となります。

続いて、ワールドユース大会決勝戦の舞台で、試合終了間際に登場したナトゥレーザ選手に高い打点から回転をかけたオーバーヘッドキックを放たれ、反応はしたものの、そのシュートは芝が少し剥がれたポイントを狙って放たれており、そこにボールが当たったことで、反対方向に曲がるという動きをしたので取れませんでした。
これが3回目となるのですが、このとき、若林の師匠である人物が「源三のSGGK伝説が終わった」とがっくりとしており、ということは、中国戦での肖選手のシュートはノーカウントだったのかという疑問があります。
さらに時代は進み、ブンデスリーグを舞台をした試合で、プロとなりハンブルグに所属している若林は、シュナイダー率いるバイエルンと対決することになります。
この試合で、試合終了間際のFKからのパスを、オーバーラップした若林が蹴るというシーンがあり、これが決まらなかったことで、中盤あたりに待機していたシュナイダーにパスが通ってしまい、無人のゴールにシュートを決められています。
これを4回目とカウントするかどうかは微妙なところですが、公式戦では3回、個人的な対決で1回、若林はペナルティエリアの外からシュートを決められていることになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました