ケンシロウの年齢設定の謎 一体何歳なのか?

漫画・アニメ

名作漫画「北斗の拳」。
現在もスピンオフ作品が作られるなど、根強い人気を誇っています。

この作品の主人公ケンシロウの年齢について、公式プロフィールには26〜30歳くらいと書かれていますが、実ははっきりとしていません。
それには理由があります。
ラオウ、トキと修羅の国から脱出するとき、ケンシロウは赤ん坊でした。
羅将ハンの記憶では、20年前のこととされています。
それなら、「修羅の国編」のとき20歳だったということで片付きそうですが、そう簡単には行きません。
なぜなら、バットとリンがあれだけ成長しているからです。

「ラオウ編」と「修羅の国編」との間に何年の差があるのかははっきりしていませんが、ふたりの成長ぶりを見る限り、少なくとも5年は経っていると考えられます。
見ようによっては、10年でもおかしくありません。
しかし、それでは「ラオウ編」のときにケンシロウが10歳から15歳くらいになってしまいます。
いくら北斗神拳の伝承者でも、どう考えても10歳はありえないと思います。
15歳でも苦しいのではないでしょうか?
羅将ハンの記憶違いの可能性もありますが、人間の能力を100%引き出すという北斗神拳(ハンの場合は北斗琉拳)の使い手に記憶違いなどあるのでしょうか?
ゆえに、ケンシロウの年齢は不詳のままとなっています。


タイトルとURLをコピーしました