昔、エニックスに訴えられたゲーム雑誌がありました。

ゲーム系

ドラゴンクエスト2に関する訴訟

ドラゴンクエスト(通称ドラクエ)シリーズがあまりに有名なエニックス(現スクウェア・エニックス)。
このエニックス(当時)が、ドラクエ2が発売され、大ブームを起こしている際、英知出版の「ハイスコア」という雑誌を訴えています。

理由はゲームの内容、ヒントをあまりにも掲載しすぎたからです。
ゲーム内の重要アイテム(ラーの鏡)が落ちている場所などを当たり前のように公開したので、エニックス側から謎解きの楽しみを奪っているとされ、訴えられました。

ゲーム雑誌の両雄だったが……

当時はまだインターネットなどない時代で、攻略本の発売もゲーム発売と同時というわけではありませんでした。
ゲーム少年たちが情報を集めるにはゲーム雑誌を読むしかなかった時代です。
まだ「ファミ通」は「ログイン」というパソコン雑誌の1コーナーにすぎず、この「ハイスコア」と「ファミリーコンピュータマガジン」が、ゲーム雑誌の両雄でした。
しかし、この訴訟によって、「ハイスコア」はしばらくの間、ドラクエ2の記事を掲載できず、しかも、ネタバレのような記事は一切書けなくなりました。
ゾンビハンターというゲームを開発したり、タイトルを英文字にするなど、リニューアルに励みましたが、かつてのような勢いはなくなり、いつの間にか廃刊となりました。

余談

ちなみに、ドラクエ2から「パルプンテ」という魔法が登場しました。
使うと何が起こるかわからないという設定になっています。
「ファミリーコンピュータマガジン」誌上で、ドラクエのプログラマー中村光一氏が、読者の質問に答えるというコーナーが一時期存在しました。
その中で、読者から「パルプンテを使ったらゲームが止まった(フリーズした)」という趣旨の質問がされていました。
そのことについて、中村氏は「何が起こるかわからないと説明書に書いてあるでしょ」と答えています。
ジョークで答えているのか、本当に止まるという現象が起こるのか、真相は不明です。

タイトルとURLをコピーしました