キャプテン翼登場人物の名前由来およびモデル 元の名前は翼太郎?

漫画・アニメ
スポンサーリンク

はじめに

少年少女に夢を与えて、サッカー競技人口を増やし、Jリーグを作ったとも言われる漫画「キャプテン翼」。
世界中でアニメが放映され、外国の有名サッカー選手もファンを広言するなど、偉大すぎるサッカー漫画です。

連載開始前

このキャプテン翼は連載が始まる前に、一度読み切りでお試し掲載されています。
そのとき、主人公翼とGK若林、そしてヒロインのあねご(当時は早苗ではなく、アキという名で、翼のチームのマネージャーだった)は幼なじみという設定でした。
すでに石崎も登場していました。
幼なじみではあったものの、通っていた学校は違い、このときの翼は、若林に一度も勝ったことがない設定でした。
ヒロインまでも奪われそうな流れでしたが、最後の最後にペナルティエリア外からシュートを決めて勝利するという話でした。

スポンサーリンク

このとき、翼は翼太郎という名前でした。
この翼太郎が、連載開始後に大空翼と岬太郎に分かれます。
元々、同一人物だったふたりだから、黄金コンビを組めるほど息がぴったりなのですね。
石崎も、この頃から登場しているからか、翼にとって「南葛に入ってから一番最初の友達」というポジションを与えられて、実力以上に優遇されています。
この読み切り作は高橋陽一傑作集「100Mジヤンパー」という単行本に収録されています。

日本人選手の名前由来およびモデル

大空翼

大空翼という名前の由来は、松山千春の歌、「空――翼をください」とされています。
無印版の最終回で歌詞が引用されている曲です。
ブラジルに渡るという設定は、当時、小学校卒業後にブラジルに渡り、話題になった水島武蔵選手(後のJリーガー)がモデルと言われています。

日向小次郎

翼の永遠のライバル、日向小次郎。

翼のモデルが水島「武蔵」なので、ライバルは小次郎となった説があります。

岬太郎、松山光、小田和正

岬太郎の岬は、作者が好きな「岬めぐり」というフォークソングから。
作者はフォークソング好きなのか、ふらの中のキャプテン松山光は、松山千春の名前が由来と言われています。
同じふらののCFには小田和正という、そのものズバリの選手がいます。

若林源三

若林源三が俳優、声優、ラジオパーソナリティの若山弦蔵から来ているかは不明ですが、作者がラジオを聞きながら、考えた可能性はありえそうです。

中西太一

中西太一は元プロ野球選手の中西太が由来かと。
若い頃から活躍し、怪童と呼ばれた名選手です。

若島津健

若島津健の名前は、相撲の元大関「若島津」から。
プレイスタイルはプロレスラーのジミー・スヌーカからと言われています。
ポストを蹴って跳躍し、チョップを使うスタイルをヒントにしたとか。

葵新伍

中盤で豊富な運動量を誇る葵新伍は、元日本代表の北澤豪選手から。
作者の高校の後輩であるとか。

三杉淳

三杉淳は別漫画(赤き血のイレブン)のキャラクター美杉純からです。
三杉については、別記事に詳しく紹介しています→こちら

スポンサーリンク

外国人選手の名前の由来およびモデル

海外勢では、カール・ハインツ・シュナイダーは名前と時代から考えて、カール・ハインツ・ルンメニゲから。
「若き皇帝」という異名は「皇帝」と呼ばれたフランツ・ベッケンバウアーからでしょう。
シェスターは華麗なプレイから「金髪の天使」と異名を取ったベルント・シュスターからかと。
作者によると、プレイスタイルはリトバルスキーがモデルらしいです。
マーガスは当時、マガトという選手がいたので、名前はそこからだと思われますが、マガトは中盤の選手です。
ファン・ディアスはマラドーナそのもの。
エルシド・ピエールは将軍とも呼ばれていることから、ビジュアル的にはだいぶ違いますが、プラティニでしょう。
ルイ・ナポレオンについては、フランス皇帝ナポレオン3世がルイ・ナポレオンという名前であることを作者が知っていたのか、適当にフランス人っぽい名前を付けたのかは不明です。
ジノ・ヘルナンデスはおそらく、往年の名GKディノ・ゾフから。
デューター・ミューラーはゼップ・マイヤーかシューマッハかと。
名前だけゲルト・ミューラーから取った可能性がありそうです。
名前だけなら、カルツ、ボッシ、タルデリなどは往年の代表選手に同じ名前が存在します。
シュミット兄弟はフェルスター兄弟あたりからの発想ではないかと。
フランスジュニアユース代表には、アモロという日本戦で一度もボールに触れられなかったネタキャラとして人気のGKがいますが、昔、フランス代表にアモロスというDFがいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました