金八先生に関する雑学あれこれ 加藤優は第一シリーズにも出演?

芸能系

はじめに

学園ドラマの金字塔「3年B組金八先生」。
有名ドラマだけに多くの興味深いネタがあります。
いくつか抜粋して紹介します。

第1部で金八が海援隊のコンサートを観に行くシーンがある。

第1部の後半、生徒たちが「海援隊」のコンサートを観に行くのに金八が誘われてついて行きます。
コンサート後、楽屋に行った金八が武田鉄矢氏からサインをもらうシーンがあります。
当時、視聴率が良く、プロデューサーがノリノリでこういう遊びをしたと、後に武田鉄矢氏は語っています。
ちなみにコンサートで演奏されていた曲は「JODAN JODAN]です。

加藤優役の俳優は第1部にも悪役で出演している。

第2部でもうひとりの主人公と絶賛されている「加藤優」を演じる直江喜一氏は、第1部にかえで中学の不良役で、桜中学の近藤真彦氏演じる「星野清」らに因縁をつける4人組のひとりとして出演しています。
ちなみに若き日の柳沢慎吾氏もそのうちのひとりとして登場。
最終的には金八に投げ飛ばされて、全員逃げ出します。
なお、第2シリーズの時点では、直江喜一氏はライバル役の「松浦悟」を演じた故・沖田浩之氏共々、すでに18歳だったらしく、他の生徒より大人びて見えた一因だと思われます。
当時、武田鉄矢氏はクランクアップのあと、男子生徒たちに秘蔵のビニ本コレクションをプレゼントするのを恒例とされていたらしいですが、直江、沖田両名はすでに18歳だったこともあり、「自分たちで稼いで買いなさい」と言われてもらえなかったそうです。
なお、武田鉄矢氏は「こいつは芸能界に今後も残るな……」と予想される生徒については、少し厳し目に指導をしていたと語っています。
濱田岳氏などがそれに該当した模様です。
直江喜一氏は加藤優のイメージから、当時、不良にからまれることなどあり、苦労されたようです。

金八先生出演者による同窓会が、毎年、武田鉄矢氏の誕生日に近い4月上旬に行われています。
その幹事を務めているのは直江氏だということです。
現在、直江氏は建設会社に勤めながら、俳優活動、バンド活動をされているそうです。
バンド名は「直江喜一&Orange Breakers」だとのこと。
直江喜一氏ブログより参照。

若き日の柳葉敏郎も悪役で出演していた。

人気俳優、柳葉敏郎氏も、第2部で加藤優らが学校に立てこもった際、それを激励しに来た暴走族のひとりとして出演しています。
荒谷二中の卒業生のひとりという役割だったようですが、ヘルメットをかぶっているので少しわかりにくいです。

第1話で金八は体罰を振るっている。

第5部で生徒たち数人を叩いた金八は、禁止されている体罰を振るったとして教師を辞めようとしますが、実は第1シリーズ第1話の段階で、自殺しようとした生徒を思い切り叩いています。
なお、第5部で生徒たちを叩いた際、「過去に体罰を振るったのは三回、自殺しようとした吉村と、腐ったみかんの加藤優と松浦悟だけ」という主旨の発言をしていますが、最終回スペシャルの特別番組で検証された結果、実際はもっと殴っていることが判明しています。
例:刺青を入れた卒業生など。

なお、第2部の加藤・松浦を殴ったときと、第5部での体罰シーンにはアドリブがあるとされています。
詳しくはこちら

新八、仙八、貫八も桜中学が舞台

金八先生の後番組として、新八先生、仙八先生、貫八先生と制作されているのは有名ですが、これら一連の作品の舞台は同じ桜中学です。
そのため、校長や教頭はおなじみの人たちが演じています。
金八先生シリーズがあまりに偉大すぎて目立ちませんが、どれも水準以上の出来がいいドラマだった記憶があります。
ただし、金八先生の第3シリーズだけは、松ヶ崎中学という学校を舞台としていて、大森巡査以外はレギュラー出演者が登場していません。
そのため、長年、金八先生の同窓会には第3シリーズの出演者は呼ばれなかったという逸話があります。
最終回に当たる金八先生ファイナルのラストシーンで、過去の生徒が勢揃いし、金八が出席を取るシーンがありますが、ここでも第3シリーズの出演者たちは呼ばれていません。
ちなみに新八先生を演じた岸田智史氏は、当初金八を演じる候補として名が上がっていましたが、仕事が忙しすぎて受けられなかったというエピソードがあります。
そのため、当時スケジュールのあいていたという武田鉄矢氏が起用されて大成功をおさめるのだから、世の中わからないものですね。
ロケ地となったのは足立区立第二中学校ですが、少子化で廃校となり、一時「金八記念館」を作る話もあったようですが、現在は「東京未来大学」のキャンパスとして生まれ変わっているそうです。

自衛隊批判があった

かつて、金八先生には定期的に特番として、過去の教え子たちが登場する話などが作られていました。
しかし、いつ頃からか作られなくなり、また再放送もされていません。
その理由として、第1部の卒業生が自衛隊に就職しようとした際、金八や校長たちが非難して反対したシーンがあるからという説が有力とされています。
「教え子を戦場に送るな」という日教組のスローガンが校長の口から発せられ、金八たちは生徒の自衛隊への入隊を思い留まらせるための授業まで行います。
自衛隊の話が出たときには、バックにおどろおどろしい音楽が流れるという演出でした。
時代的に仕方がなかったかもしれませんが、自衛隊をひどく恐ろしい存在として描いていました。
どうも、原作者である小山内美江子氏の考えが反映していたようです。


CD/海援隊/3年B組金八先生主題歌集 (CD+DVD)/UPCH-20081

コメント

タイトルとURLをコピーしました