竹取物語の舞台は奈良県広陵町? 求婚者たちは実在の人物?

地理・歴史系
スポンサーリンク

竹取の翁は高位の人物?

かぐや姫伝説で有名な竹取物語の舞台については諸説ありますが、奈良県広陵町が有力とされています。
この町には讃岐神社があり、この地域を讃岐氏が治めていたとされています。
竹取の翁の名前は「讃岐造(さぬきのみやつこ)」です。
竹取の翁たちは昔話の中では、貧しい老夫婦のように描かれていますが、かぐや姫に対し、帝や貴族たちが関心を示すくらいですから、身分が低かったとは思えません。

5人の貴公子にはモデルがいる?

作中、かぐや姫に求婚する5人の貴公子たちは、いずれも壬申の乱で活躍した人物に比定されています。
壬申の乱が672年のことなので、この時代の都は藤原京か飛鳥京となり、広陵町からなら1日で通える距離となります。
また、大和国で讃岐神社があるのは広陵町だけです。

スポンサーリンク

かぐや姫のモデルは?

ちなみにかぐや姫のモデルとされる実在の人物として、時代は合いませんが、垂仁天皇の妃となった迦具夜比売命が挙げられています。
この姫の親戚には讃岐垂根王や竹野比売といった人物がいて、やはり讃岐や竹に縁があります。
現在も広陵町には竹藪が多く、讃岐氏は天武・持統天皇の時代に竹細工などを献上していた一族ではないかと言われています。
讃岐の国から渡って来た一族とも推測されています。

余談

5人の貴公子のうち、車持皇子は藤原不比等がモデルとされています。
作中、インチキをしたのがバレて軽蔑されることから、竹取物語には藤原氏に対する批判が込められているとも、逆に藤原氏を貶めることで、藤原氏に敗れ去った一族を鎮魂しているという説もあります。

参考文献:広陵町HP
http://www.town.koryo.nara.jp/contents_detail.php?frmId=4

タイトルとURLをコピーしました