猛将・柴田勝家は本当に未婚だったのか?

地理・歴史系

織田家でも随一の猛将として知られる柴田勝家。
「鬼柴田」とも呼ばれていて、武の部分だけが取り上げられやすいですが、今の福井市(当時、北の庄)の基礎を作りあげた人物でもあり、内政にも長けていたと言われています。

この柴田勝家の妻と言えば、信長の妹、お市の方が有名ですが、それ以前に勝家が結婚していたかどうかは資料がなにもないそうです。
そのため、初婚だったのではないかという説もあります。
しかし、血筋を残すことが重要視された当時の常識から考えて、織田家の重鎮が未婚だったとは考えにくいと思いませんか?
おそらくは政治的に敗れてしまったから、歴史から名を消された者が何人かいるのではないでしょうか。

なお、お市の方との間に男子がふたり生まれていることから、秀吉のように子供ができにくい体質だったとは考えにくいです。
賤ヶ岳の戦いで敗れたあと、その男子ふたりは秀吉により処刑されています。
それ以外にも養子が数人いたとされていて、彼らも処刑されていますが、うちひとりの子(勝家から見て孫に当たる人物)が、落ち延びて家名をつなぎました。
後に徳川家康に仕え、領地をもらっています。

とはいえ、敗れた勝家に対し、多くの物語作家は想像力が刺激されたのでしょう。
悲劇的な死を迎えたお市の方は戦国一の美女とされ(織田家の家系は美男美女ぞろいだったという記録は残っているらしいですが)、勝家はお市の方を憧れの女性と見ていた無骨ながら純情な武将として扱われています。
むしろ、お市の方を殺す形になりながらも、その娘である茶々(のちの淀の方)を側室にした秀吉を悪く書く人もいます。
また、秀吉もお市の方に憧れていたなんて書き方をする人もいて、三角関係っぽい話として伝わってもいます。
秀吉をいびる嫌味な上司像も創作によるものではないでしょうか?
あの世で勝家はそんな自分の描かれ方をどう思っているでしょうね。
個人的には、秀吉に敗れたに人物にしては、まだ良い形に描かれているような気がします。
明智光秀や滝川一益や佐々成政の扱いに比べたら……ではありますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました