天照大神は元々、男性神だった? ニギハヤヒがその正体?

地理・歴史系

はじめに

伊勢神宮に祀られている天照大神は我が国の最高神とされていますが、実は男性神だという説が昔からあります。
根拠をいくつか記します。

持統天皇が作り上げた説

伊勢神宮は我が国の最高神を祀っているはずなのに、公式参拝をした天皇は明治天皇が初めてだと言われています。
持統天皇がお忍びで参拝したという記録がある程度です。
持統天皇といえば、古事記、日本書紀などの編纂にも関わっていて、日本という国の基本を夫の天武天皇と作り上げた天皇です。
自らが女性だったために、天照大神を女性にしたという細工が考えられます。
自らが孫(軽皇子、後の文武天皇)に相続をさせることになったのですが、そのことを正当化するために、天孫降臨の話を作り上げたとも言われています。
神の時代に先例があるではないかと言うわけですね。
作為の可能性は高いです。

なぜ、斎宮がいるのか

伊勢神宮には皇女が斎宮として赴きますが、なぜ女性が赴くのでしょうか?
まるで嫁入りのようです。
あるとき、天照大神は天皇の夢に現れ、自分の食事の世話などをしてくれる神を所望しました。
その神というのが、外宮の豊受大神のことですが、これもまるで嫁入りのように見えます。

アメノウズメのストリップ

天の岩戸に天照大神がこもったとき、アメノウズメはまるでストリップのような踊りを行い、岩戸を少し開けさせました。
男性神の本能がそうさせたとも思えないですか?

太陽神であること

ギリシアのアポロンやエジプトのラーなど、世界的に太陽神は男性が多いです。

作家の高田崇史氏はここからさらに理論を飛躍させています。
元々、天照という男性神がいたものの、その神が殺され、妻であった天照大神が祀られるようになったのではないかと。
その天照という男性神はニギハヤヒのことで、のちに大和朝廷を作りあげる人々に殺されたのではないかと推測されています。
天の岩戸隠れという物語は、殺されたニギハヤヒを岩戸に葬り、当時の様式で葬儀を執り行ったことから来ているのではないかとのことです。

その後、大和朝廷を作り上げた人々は、ニギハヤヒの妻だった女性を祀り上げ利用しました。
これがいわゆる卑弥呼(日の巫女)ではないかと。
太陽神「天照」の巫女だから、ヒミコというわけですね。
古事記、日本書紀にはなぜか邪馬台国や卑弥呼のことが出て来ません。
これについても諸説ありますが、自分たちが利用し、殺した存在だから、載せられなかったとも考えられます。

<参考文献>

タイトルとURLをコピーしました