伊勢神宮に初めて公式参拝した天皇は明治天皇 昔は重要視されていなかった?

地理・歴史系
スポンサーリンク

公式に参拝したのは明治天皇が最初?

伊勢神宮と言えば、天照大神が祀られていて、日本のあらゆる神社の頂点に立つ存在と思われていますが、実は明治時代になるまで、公式に参拝した天皇はいません。
持統天皇がお忍びで参拝したという記録があるだけです。

持統天皇は孫に皇位を譲るために、神の系譜をいじったとも、天照大神を女性に仕立て上げたとも言われています。
天照大神が息子を飛び越して、孫のニニギノミコトに豊葦原中国の統治を任せるのは、持統天皇が孫の軽皇子(文武天皇)に天皇の位を譲りたいがため、「神話の時代に前例があるじゃないか」と改ざんしたという説です。

弓削道鏡事件の際、なぜ伊勢ではなく、宇佐だったのか?

孝謙・称徳女帝が弓削道鏡に皇位を譲ろうとしたときも、なぜか奈良から近い伊勢神宮ではなく、九州の宇佐八幡宮に神託を仰いでいます。
宇佐神宮に祀られている比売大神とは、表向きは宗像三女神と言われていますが、卑弥呼とも台与ともいう説があります。
また、宇佐神宮は古墳の上に建っているとも言われていて、事実、宇佐神宮を改修するとき、ふたつの棺が見つかったと言う伝聞もあります。
ならば、大和朝廷にとって、大事なのは卑弥呼だったのかという推測もできてしまいます。
ただ、宇佐八幡宮には応神天皇と神功皇后も祀られていて、このふたりが当時の天皇家にとっては、直接わかるかぎりの先祖だったのではないかという説もあります。
そもそも、神武天皇陵や橿原神宮の位置が比定されるのはもっと後の時代です。

スポンサーリンク

更科日記の一節

古事記や日本書紀には邪馬台国や卑弥呼のことについて記載がありません。
有名な更級日記にも「天照大神を祈りなさい」という夢を見た娘が「どこにいる神さまだろう?」と悩む一文があります。
結局、女官から伊勢にいることと、宮中でも祀られていることを教えてもらうことになりますが、菅原孝標の女といえば、菅原道真の子孫であり、日記を残すほどなのだから、それなりの教養があったと思われます。
その人物が皇室の祖先神について知らないのは不可解です。

卑弥呼=天照大御神?

菅原孝標女が知らないほどですから、当時は天照大神が重要視されていなかった存在だったか、それとも、古事記や日本書紀のような書物は、余程の身分の貴族でしか見ることができなかったという考えもできます。
特に菅原氏は、藤原氏に追い落とされた一族であるので、見られなかったのかもしれません。
作家の高田崇史氏は元々天照という太陽神がいて、この神が殺された後、傀儡として祀り上げられたのが、天照大神であり、それは卑弥呼に比定できるのではないかと推測しています。
ただし、公式参拝が明治までなかったのは、天皇は都を滅多に出るべきではないという風習があったという説もあります。

伊勢神宮周辺は遊郭だらけだった?

今では神聖な土地として、静寂を保っていますが、江戸時代、伊勢神宮の周辺は遊郭だらけであったそうです。
江戸時代に流行したお伊勢参り。
「一生に一度は遠くへ旅をしよう」と、伊勢神宮関係者の宣伝による努力が実を結んだ結果ですが、一方、多くの人間が伊勢に集まることで、伊勢神宮の周辺には自然に遊廓が大量にでき、いつしか目的がそちらへと変わって行ったのです。
明治に入り、伊勢神宮が特に神格化されたことから、遊廓は衰退し、現在は姿を消しています。
江戸時代の男たちは、伊勢に出かける際、後ろめたいものだから「夫婦で行くと伊勢神宮の女神さまが嫉妬する」などと理屈をつけて、男たちだけで出かけていたとか。

タイトルとURLをコピーしました