中森明菜が自殺未遂した翌日、近藤真彦が出演する予定だった番組。

芸能系

衝撃的だった1989年に起こった中森明菜の自殺未遂事件。
近藤真彦のマンションの風呂場で手首を切っていたのを発見され、大々的に報道されました。

ふたりの交際のきっかけは1985年に公開された映画「愛・旅立ち」で共演したことだと言われています。
皮肉にも自殺未遂の直後に発売された明菜のアルバムは大ヒットします。

ちなみに自殺未遂の現場を発見し、通報したのも近藤自身です。
自宅に電話をしても、明菜が出ないので、不審に思い、急いで帰ってみると倒れていて驚いたとか。

この自殺未遂の真相は未だに明らかになっていません。
一説によると結婚を望む明菜とそこまでは考えていなかった近藤とのすれ違いという説があります。
また、近藤がカーレースに熱中し、ふたりで住む新居を建てるために明菜が貯めていた金にまで手を出したという説も。
さらには、写真週刊誌に近藤と松田聖子がニューヨークで密会しているところを掲載されていたのにショックを受けたからなど、様々な憶測がされています。

それはともかく、その次の日、近藤真彦はテレビ東京系の加藤茶が司会する番組にメインゲストで出演が決まっていましたが、この事件で急遽キャンセルとなりました。
その番組は「加トちゃんの歌のビッグファイト」という番組で、SMAPの初レギュラー番組でもあります。
毎回、ジャニーズの大物がひとりだけメインで出演し、それ以外はマイナーなアイドルが出演する番組でしたが、その日は肝心のメインゲスト不在で微妙な空気でした。
近藤真彦が登場するはずだった枠は、アシスタントだった田中律子が急遽、一曲歌うことでお茶を濁しています。
加藤茶が「みんな知っていると思うけど、昨日、あんな事件があったから許してね」と語っていたのを記憶しています。

タイトルとURLをコピーしました