名作「フランダースの犬」ネロとパトラッシュが最後に見た絵は何か?

漫画・アニメ

不朽の名作「フランダースの犬」。
最終回、クリスマス・イブの晩、大聖堂の絵の前に倒れるネロと、側に横たわる愛犬パトラッシュ。
すると、絵を隠していたカーテンが風で偶然めくれ、ずっと見たかったけれど、お金がなくて見られなかった絵が見えるという感動を呼ぶシーンがあります。
その直後、ネロとパトラッシュは天に召されます。

この時、少年ネロが見た絵は、ルーベンスの大作「キリストの降架」です。
処刑されたあとのキリストが十字架から降ろされるところを描いている大作です。
なお、場所はノートルダム大聖堂ですが、パリにある大聖堂ではなく、ベルギー、アントワープにある同名の大聖堂です。
ノートルダムという名前は聖母マリアのことを意味しており、世界各地に存在しています。

絵についてはこちらから見られます。

キリスト降架 ルーベンス 絵画の解説
有名な絵画・画家

日本ではアニメで有名なこの作品ですが、本国ベルギーではほとんど知られていません。
日本では明治時代にすでに翻訳して出版されていましたが、その際、ネロはきよし、パトラッシュはブチという名前に変えられていました。

90年代に実写映画化されたとき、ハッピーエンドとバッドエンドの二通りが用意されていて、アメリカではハッピーエンドが、ヨーロッパと日本ではバッドエンドが放映されました。
しかし、敬虔なキリスト教徒から見ると、日本人にはバッドエンドに見えるエンディングも、神の元に天使に囲まれて昇天するのだから、幸せになれたという解釈ができるそうです。

タイトルとURLをコピーしました