ゲゲゲの鬼太郎の生い立ち……鬼太郎は墓場で生まれた。

漫画・アニメ

水木しげるの代表作でもあり、何度もアニメ化されている妖怪漫画の名作「ゲゲゲの鬼太郎」。
この主人公、鬼太郎について、いくつか雑学を述べます。

元々は「墓場の鬼太郎」という作品でした。
タイトルどおり、鬼太郎は墓場で生まれました。
父母ともに幽霊族の妖怪でしたが、ふたりとも病気で死にかけていました。
父である「目玉の親父」は、死の直前にすべての力を目玉に集めて死を免れましたが、母親は死んでしまいました。
母親は埋葬されるわけですが、すでにお腹の中にいた鬼太郎は自力で墓穴から地上に這い出ます。
しかし、墓石の角に片目をぶつけてしまい、眼球を失ってしまいます。
空洞になった片目に目玉の親父が入るようになりました。

この作品は元々、水木しげるのオリジナル作品ではなく、元は他の人が考えた紙芝居の話だということです。
しかし、当時、紙芝居作家でもあった水木しげるが出版社から命じられて、原作者の許可を得て話をふくらませていったとのことです。
鬼太郎も当初は「奇太郎」と書いたとか。

アニメ化される際、「墓場」という文字がタイトルに付くのはどうかという意見があり、水木しげるの愛称だった「ゲゲゲ」が使われました。
その後は何度もアニメ化され、日本を代表するアニメのひとつとなっています。
果たして、「墓場の鬼太郎」のままだったら、ここまでヒットしたでしょうか?
今となっては誰にもわかりません。



タイトルとURLをコピーしました